たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2012年01月03日

大山登山




大山にいだかれ、子供時代を送りました。
春になると一面のれんげ畑。可憐なピンクの花と濃い緑、その向こうに雄大な大山がどんと座っていました。大山の脇にちょこんと頭を見せている控えめな富士山。間近に迫る大山には圧倒的な存在感がありました。小中いずれの校歌にも大山・阿夫利山と言った歌詞が挿入されていました。

これは私の原風景の一つです。
この記憶が、「農の学校」を開催する大きな動機となっています。子供時代に自然から教わる体験は得難い貴重な宝物、自然をフィールドに五感で体感したことが、豊かな心と広くて深い人間性を育むから。

大山には、中学校で遠足で行ったおぼろげな記憶があり、何十年ぶりかの登山でした。
12月14日(水)、去年の話です。前日から降り始めた大雨が早朝まで続き、行くのを迷いましたが、晴れるという天気予報を信じて、時間を繰り下げて小雨の中、家を出ました。





ヤビツ峠から山頂を目指す計画を変更し、秦野下車、バスで30分、ケーブルカー乗り口に到着。ケーブルカーには頼らず、自力で山頂をめざすこと2時間半。物珍しく写真撮りまくりで、予想以上に時間がかかりました。12月というのに、まだもみじの赤々とした紅葉がそこここに残っており、くもり空のせいか人もまばらで、日頃の喧騒を離れて別天地で山の精霊から元気を頂きました。



山頂では人懐こい鹿に出会いました。山頂で食べるおにぎりはどうしてこんなに美味しいのかと、友人と談笑。もちろん小田原の田んぼのお米(玄米)と、十郎梅の自作の梅干し。



下山道は、修験者の岩場修行道とは打って変わって、尾根伝いのなだらかな坂道と木道。途中で出会った大きなご神木は、霊験あらたかな神秘なスポットでもありました。





下山後は、名物大山豆腐料理を舌鼓。満喫した一日に心地よい疲れ。



  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 13:54Comments(4)