たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2016年10月25日

小田原de菜花の収穫体験 募集中



小田原といえば、菜ばなの栽培も盛んです。
何回収穫してもOK
初回オリエンテーション(12/23)では生産者のお話や、菜ばなを使ったお料理の試食もあります。
お申込みはこちら
http://shoku-midori.or.jp/nabana.htm... もっと見る


小田原のオーガニックの畑で育った菜花を生産者と一緒に収穫しませんか。ご自分の区画の菜ばなは12月23日(祝金)の第1回オリエンテーション参加以降、2月11日(土)までの期間中何回も摘み取りが楽しめます♪
クリスマス、お正月の一品に華を添えてくれること間違いなしです!
募集のご案内
対象 無農薬で菜花を栽培することに興味がある方
オリエンテーション
開催日 2016年12月23日(祝金)
11時00分~13時00分予定
※雨天決行
摘み取り
期間 2016年12月23日(祝金)~2017年2月11日(土)
※収穫体験以降は、2月11日まで何度も摘み取りに行くことができます!
場所 当日は曽我みのり館に集合
小田原市上曽我2984(地図)
駐車場・更衣室・手洗い水道あり
交通 電車:JR御殿場線・下曽我駅より徒歩20分
お車:東名高速「大井松田IC」より15分、小田原厚木道路「小田原東IC」より10分
バスはありません
募集 25区画(家族/個人)
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
1家族最大6名/生計が別な場合1親等まで可
参加費 1家族 2,000円(税込2,160円)
内容

栽培予定品種:早生花かんざし
栽培方針:農薬・化学肥料は使用しません。
株数:15株以上予定

第1回オリエンテーション
生産者指導のもと菜花を収穫します。
菜花の試食もあり。
オリエンテーション以降は2/11まで何回でも摘み取りが可能です。はたけに直接お越しいただき、摘み取りをお楽しみ下さい。

菜花は摘み取って2~3日経過すると続々と新しいわき目が出てきます。
摘み取りに来られないことで 菜花本体が傷む可能性がある場合や新しいわき目からの成長が阻害されていると判断された場合、 生産者のアドバイスのもと事務局で手をいれさせていただく場合もございますのでご了承下さい。

分配内容: ご自分の区画内で収穫したもの全てをお持ち帰りいただけます。ただし、気候変動、動物侵入 などの諸々の事象により変動しますのでご了承下さい。

2/11(土)の14:00から菜花の株の撤去を予定しております。
最終日に収穫を行なう方はご協力のほどよろしくお願いいたします。

持ち物 ・汗拭きタオル ・水筒(飲み物) ・作業手袋(必要な方) ・菜花の持ち帰り袋
・汚れてもいい服、長靴 ・帽子 ・キッチンばさみ ・雨具
その他 3歳未満のお子さまの同伴はできません。
お申込み 下記事項をご記入の上、Eメールもしくは電話080-5385-0465 にてお申込みください。
最終受付:11月28日(月)17:00
NPO法人小田原食とみどり E-Mail desk@shoku-midori.or.jp 

(記載事項)
●タイトル:小田原de菜花の収穫体験
●郵便番号&ご住所
●電話番号
●Eメールアドレス
●代表者氏名
●参加者全員の氏名・年齢 ・ふりがな
●NPO会員は会員番号
●交通手段 電車or車

キャンセル
について 申し込み後のキャンセルについては原則行なえませんのでご注意下さい。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 11:57Comments(0)イベント食農教育

    2015年06月22日

    第11回総会&鈴木宣弘氏講演会「TPPと農協改革」

    ハーブの学校「ハーブ倶楽部」の有志によるハーブアレンジ


    第11回目の総会が無事終了しました。今総会をもちまして理事長が交代し、長谷川功氏から鳥居啓宣氏へとバトンが手渡されました。10年に渡り重責を担っていただいた長谷川さん、本当にお疲れ様でした。
    新理事長は一回り若返って、徐々に世代交代してまいります。次の役員改選では更に若手の農業者に参画してもらいたいというのが退任する長谷川さんの要望です。
    退任挨拶:長谷川功理事長


    新理事長 鳥居啓宣さん


    総会では神奈川県県西地区県西総合センター・農政部の太田健介農政課長、小田原市経済部青木一実農政課長からご挨拶頂きました。県西地区県政総合センター 太田健介農政課長
    小田原市 青木一実農政課長
    また昨年NPOの監事を退任されたパルシステム連合会山本伸司理事長も、今年で小田原食と緑の交流推進協議会役員を退任されます。立ち上げからご尽力いただいた事に感謝し、ご挨拶を頂き、ハーブ倶楽部作成のアレンジを差し上げました。最後の演説も山本節が光る心に残る力強いお話で、パルシステムが進めてきたTPP・原発反対等の社会運動について語られました。パルシステム連合会山本理事長事務局長から贈呈
    パルシステム神奈川ゆめコープ吉中理事長と
















    交流会ではパルシステム神奈川ゆめコープ理事長からも挨拶がなされました。





    その後、東京大学大学院教授 鈴木宣弘氏による「TPPと農協改革」の講演会開催されました。
    鈴木宣弘教授



    会場となった梅の里センター大会議室には100名ほどの聴衆が集まり、鈴木教授のお話に熱心に聞き入っていました。


    鈴木教授はTPP交渉の裏側と農協改革のからくりを話され、この二つのテーマは密接に絡み合っていることが分かり、会場からは学生や若い農業者からの切実な質問もありました。延長してお話していただいたにも関わらずまだまだ聞き足りないといった様子でした。鈴木教授の「今だけ・金だけ・自分だけ」この言葉に象徴されるように、今の政治に薄ら寒い思いがしました。真実を聞いたことで何をしたらよいのか、どう行動するのか、オール小田原での運動が必要なのだと感じる講演会でした。(この内容はNPO法人小田原食とみどりでテープ起こしをして報告する予定です)  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 18:59Comments(0)イベント

    2013年02月16日

    曽我梅林~流鏑馬(2/11)



    梅祭り真っ盛りの曽我梅林。梅干し品評会本選の日、流鏑馬が行われ、参加者と見物した。会場は競馬場さながらの混雑ぶりで、さっそうと弓を射リ駆け抜ける射手の勇姿はカメラに収めきれなかった。半数が女性の射手だそうだ。



    流鏑馬は、「天下泰平、五穀豊穣」を祈願する神事として伝承されてきた。曽我の里で行われるのは武田流。「寄せの太鼓」を合図に射手所役一同が親善に勢揃いして始まる。残念ながら梅干し品評会のスケジュールにより寄せの太鼓には間に合わなかった。


    馬場には3つの的があり射手は全速力で走らせながら、腰の鏑矢(かぶらや)を抜き弓につがえて「一の的」から射てかけぬける。女性の射手が一から三の的まで全的中したとのアナウンスに、カッコイイ~!!!




      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 17:29Comments(0)イベント

    2012年06月02日

    緑のカーテンつくり方教室~しらかしの家(いずみの森)



    (グリーンカーテンキット)
    ★ゴーヤ苗 4本
    ★ネット 2m☓4m
    ★ロープ 20m
    ★(市の環境課から提供された)保冷トートバック
    みどり公園課が主催した「緑のカーテン作り方教室」に500円で参加した。
    市が省エネ目的で市民の意識向上とグリーンカーテン普及のために昨年も開いた講座だ。

    グリーンカーテンは5年前からつくり、恩恵にあずかってきた。
    夏のギラギラした太陽越しに、葉脈と肉厚の葉に蓄えた水分とが透けて葉っぱが黄緑色に見える。
    幾重にも重なり、葉と葉の間に光が差し込み、濃淡の立体的なグリーンカーテンは夏の暑さを和らげてくれる。

    はじめにみどり相談員の講義がある。講師は相当な年配でキャリアを感じる。
    いぶし銀の講師で淡々として味がある。
    理論的に話を聞くと、腑に落ちる。何気なくやっていたことの意味付けができる。
    品種、苗作り、土づくり、元肥、ネット張り、植え付け、ピンチ(先端を切リ止める)と誘引、潅水、追肥、収穫、病害虫などなど・・・
    ゴーヤは種の先端をペンチなどで傷をつけぬるま湯に一昼夜浸し発芽しやすくする。
    苦土は土に混ぜないと効果を発揮せず撒いたら2週間おいてから元肥をやる。
    本葉1枚の頃間引いて1本に仕立て、3~4枚で株間30センチに定植。5~6枚の頃に先端をピンチし、実がなり易い子つるを伸ばし、誘引する。
    まだまだ、沢山あるがこのへんで・・・

    ネットの張り方にコツがある。
    これまでにずいぶん沢山のポールを買い込み組み立ててネットを張ってきた。
    今日は、やや網目の細かいネットとロープだけで実に上手にネット張りができることを学んだ。
    教わって始めてわかる基本。
      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 23:33Comments(0)イベント

    2012年05月15日

    第17回 オニオン祭 



    17年も続いているオニオン祭、今年も大盛況だった。
    400人以上の参加者、数十人の生産者・主催者含めると500人規模となる。4000人近い交流があるこの交流事業の中でも一大イベントだ。



    晴天に恵まれ、笑顔・笑顔。みんなが幸せを感じる一日だ。
    主催者ジョイファーム小田原やパルシステム神奈川ゆめコープの職員と協力しながら準備をすすめる。例年同じ事を繰り返しているが、5月の開放感、格別美味しい新たまねぎ、婦人部が用意して下さるカレー、楽しさが満載だ。リピーターが多いのも特徴的。



    玉ねぎは、葉を掴んで引っ張ると、スポッ、スポッと面白いように抜ける。





    この収穫祭の意義は他にもある。
    収穫し、葉と根を切り落とし、袋詰めして、出荷できる形にする。詰め放題でないところがミソ。参加者は整然と作業を楽しむ。参加する人、生産する人、お互いに気持が良い。



    たんぼの学校のお米も、ハーブの学校のクラフトやお花や苗も販売した。お米は試食も用意し、増田さんの特性生姜の佃煮がご飯のお供としての功を奏して、売上過去NO1。専務にもお手伝いいただき、感謝。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 23:00Comments(0)イベント