たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


2016年10月25日

小田原de菜花の収穫体験 募集中



小田原といえば、菜ばなの栽培も盛んです。
何回収穫してもOK
初回オリエンテーション(12/23)では生産者のお話や、菜ばなを使ったお料理の試食もあります。
お申込みはこちら
http://shoku-midori.or.jp/nabana.htm... もっと見る


小田原のオーガニックの畑で育った菜花を生産者と一緒に収穫しませんか。ご自分の区画の菜ばなは12月23日(祝金)の第1回オリエンテーション参加以降、2月11日(土)までの期間中何回も摘み取りが楽しめます♪
クリスマス、お正月の一品に華を添えてくれること間違いなしです!
募集のご案内
対象 無農薬で菜花を栽培することに興味がある方
オリエンテーション
開催日 2016年12月23日(祝金)
11時00分~13時00分予定
※雨天決行
摘み取り
期間 2016年12月23日(祝金)~2017年2月11日(土)
※収穫体験以降は、2月11日まで何度も摘み取りに行くことができます!
場所 当日は曽我みのり館に集合
小田原市上曽我2984(地図)
駐車場・更衣室・手洗い水道あり
交通 電車:JR御殿場線・下曽我駅より徒歩20分
お車:東名高速「大井松田IC」より15分、小田原厚木道路「小田原東IC」より10分
バスはありません
募集 25区画(家族/個人)
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
1家族最大6名/生計が別な場合1親等まで可
参加費 1家族 2,000円(税込2,160円)
内容

栽培予定品種:早生花かんざし
栽培方針:農薬・化学肥料は使用しません。
株数:15株以上予定

第1回オリエンテーション
生産者指導のもと菜花を収穫します。
菜花の試食もあり。
オリエンテーション以降は2/11まで何回でも摘み取りが可能です。はたけに直接お越しいただき、摘み取りをお楽しみ下さい。

菜花は摘み取って2~3日経過すると続々と新しいわき目が出てきます。
摘み取りに来られないことで 菜花本体が傷む可能性がある場合や新しいわき目からの成長が阻害されていると判断された場合、 生産者のアドバイスのもと事務局で手をいれさせていただく場合もございますのでご了承下さい。

分配内容: ご自分の区画内で収穫したもの全てをお持ち帰りいただけます。ただし、気候変動、動物侵入 などの諸々の事象により変動しますのでご了承下さい。

2/11(土)の14:00から菜花の株の撤去を予定しております。
最終日に収穫を行なう方はご協力のほどよろしくお願いいたします。

持ち物 ・汗拭きタオル ・水筒(飲み物) ・作業手袋(必要な方) ・菜花の持ち帰り袋
・汚れてもいい服、長靴 ・帽子 ・キッチンばさみ ・雨具
その他 3歳未満のお子さまの同伴はできません。
お申込み 下記事項をご記入の上、Eメールもしくは電話080-5385-0465 にてお申込みください。
最終受付:11月28日(月)17:00
NPO法人小田原食とみどり E-Mail desk@shoku-midori.or.jp 

(記載事項)
●タイトル:小田原de菜花の収穫体験
●郵便番号&ご住所
●電話番号
●Eメールアドレス
●代表者氏名
●参加者全員の氏名・年齢 ・ふりがな
●NPO会員は会員番号
●交通手段 電車or車

キャンセル
について 申し込み後のキャンセルについては原則行なえませんのでご注意下さい。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 11:57Comments(0)イベント農の学校食農教育

    2015年04月26日

    たんぼの学校・ハーブの学校 オリエンテーション&入校式

    先週に引き続き、農の学校の「たんぼの学校」と「ハーブの学校」のオリエンテーションが行われ、早速田んぼを見て回りました。


    たんぼの学校、中級以上が在籍する「豊年倶楽部」。今年は15組50名、応援隊は4組7名が参加して、6枚の田んぼを耕作します。もちろん有機農法で、除草は人海戦術です。早速新人対象のトラクター講習会を開催。実地の田おこしで、真剣な面持ちでハンドルを握ります。

    一昨年蒔いた蓮華が花をつけました。


    さてさて、午後からは、畑の中耕機のエンジンがかかりにくいので、たちばな農機さんにメンテナンスに来ていただき、部品を交換。キャブレターとエンジンをかける紐を取り替えて、これで快調に畑を耕せそうです。


    農家さんは大変ですよね、農業用機械は高価でメンテナンス代も馬鹿になりません。


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:27Comments(0)農の学校

    2015年04月14日

    農の学校、畑と果樹の入学式&オリエンテーション



    14年目に入った「小田原農の学校」。毎年繰り返される入学式~修了式、「たんぼ」「はたけ」「ハーブ」「果樹」4つの学校は10コース程に分かれ、300人弱が登録、過去を振り返ると、延べ35000人程が交流体験をしたことになる。


    4/12は「はたけの学校」と「果樹の学校」の参加者が集まって、入学式&オリエンテーション。会場に収容しきれず2回に分けて行っている。
    ここが肝心で、お互いの本気度を確かめ合う場だ。権利・義務をはっきりさせて、約束しあう。当たり前のルールから、はたまた収穫物の分配まで、ここが肝心。
    後半は各学校に分かれて更に詳しい説明会。
    こちらは果樹の学校、


    代表の長谷川さんは上辺だけの交流ならやらないほうがいい、とまで言い切る。この後はマッチングがあり、それぞれの組み合わせが決まったら三々五々圃場に向かう。

    さて、はたけの学校だが、今年はキャンセルが相次ぎ10家族でのスタートだ。農の学校の一番の特徴は地域の耕作放棄地をお借りしての体験農場ということ。そして幼児が多いのも特徴。

    まずはスタートにあたり記念撮影。後ろにうっすらと富士山が見える。


    今年はインストラクターが交代、大谷賢司さんと晶子さん御夫妻が担当してくださる。自らも有機農業に取り組み、珍しい種類の養鶏、棚田での米作りや野菜つくり、「種」について極め、ご自身も体験交流の場やイベント・講座を開催し研究熱心な方だ。


    スタートにあたり、「何事にも必ず意味がある。考えながら作業をして欲しい」と大谷さん。


    レークで表面の草取りをして

    畑の石が多いことから、まずはゲーム感覚で石拾いから始めた。子供はもちろんの事、大人も真剣に競争しながら石拾い。

    最後にはかりで計って競う。


    苗を植える準備だ。マルチ張りは基本、人によって張り方が違い、それぞれに工夫がある。ここは農家さんがこだわる場面だ。


    糸を張り、その糸に沿って鍬で溝を切っていく。今回は135センチのマルチを張っていく。風が来ても飛ばされないようしっかりと固定し完成。
    次の活動日には夏野菜の苗を植えていく。









      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:24Comments(0)農の学校

    2015年03月16日

    はたけの学校修了式~産直の原点は、交流から





    2009年からスタートして果樹の学校は9年たちました。たんぼの学校、はたけの学校、ハーブの学校から遅れてスタートした果樹の学校。今では受け入れ側も慣れてきて、一年間通うファミリーと親戚づきあいに近い交流が行われているところもあるようです。
    梅・キウイ・みかんを中心に、野菜も加えて農家の暮らしに沿った作業を体験するのですが、子供だけでなく大人にとっても新鮮な体験コース。今日は15家族50人が修了試験の結果、修了証書をもらった。
    参加者からはお礼の気持ちを表した色紙やお手紙・写真、中にはお手製のクッキーを農家の方にプレゼントする家族もいて、それぞれの交流の一年間が感動で締めくくられた。


    昼食は婦人部の地元特産物を利用したお料理にたんぼの学校のお米(キヌヒカリ・黒米)のお料理で、交流しました。
    ここでの体験が子供たちの心に刻まれ、農や環境への理解へとつながり、また、大人も賢い消費者としての目を養うことにつながっていくことで、一年間受け入れてくれた生産者も報われることでしょう。


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 19:09Comments(0)農の学校

    2015年03月01日

    はたけの学校2014修了式






    あいにくのお天気でしたが、満開の梅の花がしっとりと雨に濡れて、静かな春の一日
    はたけの学校の修了式が行われました。
    修了証書NO.180



    180家族が畑で汗を流し労働と学びと遊びを体験し、感動とともに卒業・中級進級をしていきました。
    4人家族としても、720人が一枚の畑から恵みをいただいたことになります。



    土の力と指導してくださった歴代4名のインストラクターの方々に感謝。
    3年務めてくださったはなまる農園の石井さんも今年で卒業
    本業に加え、新たな事業展開で多忙を極め、今年もなんとかやりくりして畑に通ってくださいました。
    引き出しが多く、栽培だけではなく、調理や野菜への深い造詣、沢山のことを参加者に
    伝えてくださいました。






    参加者からは一年の報告がなされます。写真やコメントからは嬉しさがいっぱい、
    インストラクターの石井さんもホッとされた様子。
    ひとりひとりにコメントと修了証書を渡されました。
    この報告レポートは、6月に行われる総会で展示します。



    今年また新たなはたけの学校が開講します。募集はあすの4時まで
    まだ間に合います。
    新インストラクターの大谷さんはスペシャルシードマイスター(種の保存)の資格も持ち、
    ミツバチや珍しい種類の鶏を飼ったり、麹から手作りする醤油や味噌作りなど多才です。


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 20:40Comments(0)農の学校

    2014年04月22日

    農業体験「農の学校」たんぼ・畑・果樹・ハーブの始まりだ



    年間登録で今年も300人ほどの人が農の学校に参加されます。
    オリエンテーションは会場に入りきれず、4月13日「はたけの学校」と「果樹の学校」、4月20日「たんぼの学校」「ハーブの学校」と2日に分けて行われました。


    NPOが農の学校を運営する意味は?
    参加の仕組みやお約束やルールは?
    どんな畑で、誰が教えてくれるの?
    道具は?
    農産物のお持ち帰りは?などなど・・・
    こんな話をスターに当たりきっちりお話しして、お互いの納得の上で活動に入って頂きます。


    第二部分散会。例えば畑初級では自己紹介で参加者からは抱負が述べられ、インストラクターからは座学で基本的な知識を教えられます。


    はたけに出て、桑の使い方、マルチの張り方から教わり早速みんなで実践しました。





    果樹の学校では受入果樹農家のオリエンテーションも行われます。


    それぞれの農家さんと打ち合わせ圃場の確認もします。
    さて、たんぼの学校初級では、今年はお米の種まきを体験。


    子供の目がランラン。大人だってやったことないことだから、首はキリン状態で、背伸びして子どもたちの頭越しに見学。手が出せなかったと泣きじゃくる子、なだめる親、寒い一日でしたが会場は熱気に包まれ幸先良いスタートです。


    こうして今年も農の学校が始まりました。


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 01:15Comments(0)農の学校

    2014年03月18日

    果樹の学校修了式~食卓を囲んでの交流

    果樹の学校~ 一年が過ぎ、今日は修了式。NPO理事長から修了証書を受け取る参加者の顔には緊張と笑顔が交差する。


    この地域は果樹農家が多いことから
    NPOが運営する農の学校の「たんぼ」「はたけ」「ハーブ」「果樹」と4つある中でも、このコースへの農家の交流への力の入れようは他のコースとは比べ物にならない。


    果樹の学校は、一年間同じ農家さんに通い、果樹栽培の作業を手伝いながら、農家の暮らしに触れながら交流を深める。
    修了式の今日はお世話になった農家さんに感謝の手紙を読み上げたり、手作りのミニアルバムを差し上げたりと精一杯感謝の気持を伝える。


    受け入れた生産者もこの一年で成長した子供たちを、孫を見るような優しい目で感謝の言葉を頷きながら聞いている。
    共に一年間を振り返り感慨に耽る。
    受け入れ農家の皆さん


    今日は婦人部の皆さんが地場野菜を使った料理でもてなしてくれた。食卓を囲むと一段と話が弾む。




    この経験や思い出が子どもたちの感性を育てる。
    少しでも農に関心をもち、将来思い出して手伝いに来てくれると嬉しい!
    とある農家の感想。



      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:02Comments(0)農の学校

    2014年03月03日

    はたけの学校修了式「こりゃ~凄い!力作揃いのレポート

    梅の花が咲く「曽我みのり館」


    さあ、一年間の活動が終わって、前に出て報告発表です。20家族が季節ごとの多種多様な野菜作りに励みました。
    こんな風に野菜をつくりた~い!!と事務局で運営ばかりやっている私は心底羨ましいです。

    これは参加者のお一人がどれだけ収穫物があったかカウントしてグラフ化したもの。こりゃ凄い!!!
    ししとう534個、アイコ(トマト)228個、ナス(210個)などなど・・・・・




    インストラクターのいしいさんは有機野菜の生産者であり、レストランも経営する、テレビにもシェフとして登場する
    多彩な若手経営者。知識が豊富で話術も巧み、参加者は引き込まれて技術を習得する。最後にいしさんから修了証が手渡される


    ここに見事なレポートがある。25枚の力作。定年退職されて週に5日は畑に通ったという方がいる。農家さながら。



    地元に帰って菜園を借りる人、継続して学校に残る人、中級コースに進級する人、様々な道を歩む参加者の皆様、ここで学んだ農ある暮らしを取り入れて、農の価値、環境に付加をかけない無農薬の野菜の価値を周りの人たちにも分けてあげて下さい。


    生憎の雨だが、満開の花に祝福されて


    2014年度はたけの学校の募集も終了しました。
    また新しい仲間を迎えてスタートします。

      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 23:56Comments(0)農の学校

    2013年05月13日

    フレッシュハーブティー~ハーブ倶楽部の活動




    オニオン祭に出店したハーブ倶楽部のブースで買ってきたフレッシュハーブで、早速ティーを作ってみました。



    ミント、カモミール、タイム等。これを入れるとピンクになるのよ、とおまけにマローの花を頂いた。
    ❤ハーブガーデンの花々で作られる花束はいつもかわいい♪



    ハーブは関心があるものの中々覚えられないのです。



    ブーケガルニも買いました。お魚やお肉の臭みを取り美味しさを引き出してくれるのよ、とハーブ倶楽部の皆さんが教えて下さる。



    ハーブ畑は農の学校の自慢のひとつです。荒地を開墾してから13年。今は素敵なハーブガーデンになってます。倶楽部の皆さんがデザインし、真夏の暑い日にも草取りして季節の葉っぱや、花が咲きそろいます。これを利用して「JHSインストラクター初級養成コース」が行われています。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 14:13Comments(0)農の学校

    2013年03月24日

    JHSハーブインストラクター養成コース修了式~農の学校




    この講座は、NPO法人小田原食とみどりが、茅ヶ崎の香リ&ハーブ・アールグレイの熊谷先生との共同で開催。本校からも「小田原校」として認定されています。この講座を修了すると、初級インストラクターへの受験資格が得られます。一年間実習と理論を重ねてこられ、晴れて受験資格を手にされた皆さんです。


    全員が研究テーマを持ちレポートにまとめ発表しました。



    どのレポートも力作ぞろいでした。



    修了証書の書き出しは各コース共通で「あなたは、雨にも負けず、風にも負けず~・・・」宮沢賢治の言葉を拝借して10年前に作ったものが少しづつ形を変え今に受け継がれている。沢山の方が修了証を手にされていて、400人(家族)程が農の学校を卒業されていった。。



     NPOのハーブの学校の特徴は、裏のハーブ畑を手入れして下さる「ハーブ倶楽部」の皆さんの支えがあってこそフレシュな教材に恵まれ学べるところです。養成講座と、倶楽部の二人三脚でハーブの学校は運営されています  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 23:51Comments(0)農の学校

    2013年03月18日

    果樹の学校終了式 3/17(日)



    「果樹の学校」の終了式が行われました。先週のはたけの学校に続き、一年の締めくくりとして体験者と受け入れ生産者が一年を振り返り互いの思いを伝え合い、感謝の言葉が飛び交う素敵な日です。
    男性の参加者から女性生産者にお礼の言葉が述べられています。


    こちらのファミリーコースの小学生の男の子からは、お世話になった生産者に真心込めて作られた「感謝状」が渡されました。


    ファミリーコースでは9人の生産者が受け入れ、その中にパルシステム神奈川ゆめコープで組合員活動をしている2つのエリアからもグループで参加している。




    農の学校には「たんぼの学校」、「はたけの学校」、「ハーブの学校」と、4つのコースがありますが、果樹の産地小田原においては、生産者が自分の圃場に消費者を招き入れ、年間を通した作業を教え体験させる全国的にも珍しい交流体験事業だ。



    サポーターコースの彼は広島生まれ。就農目指してトリイさんのおたくで修行中。
    ファミリーコースが消費者の食農教育だとすると、こちらは援農。
    2軒の農家が受け入れた。
    農家の1日に添った仕事を黙黙とこなす戦力なのだ。
    受け入れ生産者にとっては有難い助っ人制度「サポーターコース」
    最後に長谷川理事長から修了証が手渡された。これを縁に又来て欲しいとの言葉とともに。


    終了後、長谷川農園の厚意で、おみやげ用ナバナの摘み取りをして帰路につきました。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:01Comments(0)農の学校

    2012年11月23日

    農の学校の合同収穫祭(11/11)




    何といっても農の喜びは、収穫の時。
    みんなの顔がほころび輝く。
    たんぼ、はたけ、ハーブとそれぞれが収穫物を持ち寄り、調理し分かち合う「合同収穫祭」



    農薬も化学肥料も使わずに丹精込めて作ったお米。黒米を目視で異物を除去して、計量・袋詰め作業をするメンバー。



    封筒を使って可愛い米袋を作ってみました。



    田んぼ初級は新米おにぎり、豊年倶楽部(中級~マイ田んぼ)は黒米釜だきご飯、はたけからは採りたて野菜の惣菜の数々。
    ハーブ倶楽部からは、スイーツやハーブティが振舞われ大人気。







    家族で囲む収穫祭ランチはこの上なく美味しい幸せランチ。



    会場の梅の里センター玄関脇では、山本インストラクターの「竹とんぼ作り」や参加者有志指導の「ワラ縄作り」が行われ、参加した子供たちが真剣に取り組んでおり、できた竹とんぼを飛ばしたり、なった縄を振り回すなど遊びに興じていました。





    最後に、はたけの学校メンバーが作った野菜を購入したり、販売コーナーに出品されている新米や地域産品を手にし、収穫祭の幕が閉じられました。





      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 12:18Comments(0)農の学校