たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2011年11月30日

玉ねぎオーナー、 雨上がりに「苗」の植え付け




小田原の歴史は石器時代にさかのぼる。
西東の人々が融合した所でもある。今はショッピングモールの下に埋まっている「まぼろしの」中里遺跡(縄文晩期)には、縄文人と渡来人(弥生人)が住んでいた、という「証拠」があるそうだ。

温暖で豊かな水系、大概の作物はできる。
果樹が中心だが、玉ねぎも特産物の一つ。
「小田原食とみどり」の活動に、玉ねぎのオーナー制度がある。
11月20日日曜日、64区画用意し家族毎に入って植え付けを行った。



開会式が済むと、いざ出発!
前日の大雨で畑が田んぼ化、足を取られて転倒者ありで、大盛り上がり \(^o^)/
植え付けが終わると、三々五々帰っていく。

来年の5月の収穫が楽しみだ (*^_^*)
この日はジョイファーム小田原の生産者、石井さんが農産物の直売をしてくれた。
人気はみかんの詰め放題、我がNPOでは「たんぼの学校」の無農薬有機肥料米のキヌヒカリ(うるち米)とアサムラサキ(黒米)を販売。


  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 19:04Comments(0)NPO小田原食とみどり