たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


2011年12月29日

地域活性化とは~自ら変わる力、気づく力



2010年4月、小田原市の指定管理者として、梅の里センターと分館みのり館の管理業務を委託された。ハードの施設管理をトータルライフサービスが、ソフト面を わがNPOが担当する。いわゆるジョイントベンチャー「JVトータルライフサービス小田原食とみどり」。入札4団体から選抜された。

施設管理はプロの業者だから問題ない。一筋縄でいかないのが会館利用向上。一生懸命考える。地縁・しがらみのない自由な身だからできることがあるはず、と考える。その中の一つが会館ホールでの直売所経営。地元らしい価値ある農産物や加工品・手工芸品を下曽我にきた方々に提供し、リピーターとなっていただく。

事業計画を練り、地元の商工会議所はじめ生産者・加工業者の皆さんに説明会を開き、梅まつり実行委員会の会長さんにもご挨拶した。

年明け開店に向けて、さあ!最後の追い込み。
と、その時。

ある地元団体の役員さんから待ったがかかった。中々手厳しい。市にも同様な電話をされたらしい。同じ団体の会長さんには了解得たはずなのに・・・なぜ?

一方、行政の窓口、計画に次々と懸念事項をぶつけてくる。地元との調整が大切だ。地元団体と摩擦を起こさないように、とご。地域活性を目的に業務委託された趣旨が、なかなか理解されない。
行政は大局に立ち市民の利益を共に考え、支援してくれるところだと思っている。

とはいえ、指定管理業務を委託された時に約束したこと。会館の利用を高め、地域を元気にするということ。
これは市民との約束、だから守りたい。苦難を乗り越え力とする。

地域活性とは、自ら変わろうとする力、気づく力。
主体は、地域。
  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 14:34Comments(5)地域活性化

    2011年12月27日

    野蕗で田んぼの除草効果~魔法のエキス?



    小田原はやっぱりあたたかいんだなぁ~!と新潟県在住の有機農業者石塚さん
    何のことかって、12月になっても野蕗が青々と自生していることへの感嘆。

    私たちのたんぼは、場所によっては10年無農薬。雑草取りに励みながら米作りをするものの、雑草は一向に衰える気配がない。
    それどころか、ヒエ・コナギ・オモダカなどなど・・・
    あらゆる種類の雑草が勢い良く、かわるがわる繁茂する。

    学習会や研究会を重ねるが、メンバーが勤め人で週末農業だけに、草の成長とメンバーの都合が折り合いつかず雑草天国。
    そこで、今回石塚さんから野蕗のエキスによる除草効果の話を伺い、実践することになった。元祖は佐渡の有機農業者だそうだ。
    石塚さんも実験中とのこと、小田原でも地域の気候風土にあったやり方を研究しようと早速実行に移すことにした。

    石塚さんのアドバイスで実践開始!
    まず、地元農家Iさんの自宅裏の畑でフキを採取
    斜面にやさい畑とみかん・レモン等が植えられ理想的な裏山!face01
    大きなイチョウの樹の下にフキが群生
    コンテナいっぱいに3㌔弱採取する
    石塚さんにも、即日宅配便でおすそ分けした。


    【作り方は石塚さんから伝授】蕗1.3㎏
    (家庭用ミキサーに合わせ分量をアレンジ)
    1,フキの茎は1センチにカット、葉も適当にカット。
    2,フキ150㌘に水2カップ、糠ひとつかみ
    3,ミキサーで撹拌
    4,ネットで漉して汁を絞る。
    2リットルの濃いエキスができた!!!
    絞りカスも捨てずにとっておく。
















    これを田植え前、田植え後、田植え10日後に散布、というのが石塚さん流。
    早く試してみたい、は~るよこい♪ は~やくこい♪

    あまりに美味しそうな蕗、ちょっとキャラブキにしてみました(^^)


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 01:23Comments(4)農業

    2011年12月25日

    12月17日の富士山と やまゆりラインから臨む夕暮れ



    朝の冨士山
    下曽我のたんぼから見る富士山と、手前に重なるようにちょこんと納まる矢倉岳。
    私たちの豊年たんぼから見る景色。
    3776m田んぼから40㌔の富士山と、876m田んぼから15㌔の矢倉岳。
    富士山が矢倉岳を抱きかかえ、まるで親子のようだ。
    田んぼから一寸ずれると構図が変わるから、これで位置関係を図る。
    よそ者(私)も重宝する。



    仕事帰りはいつも山越えをする。
    やまゆりラインからの絶景。
    写真に納まりきれない、眼下に広がり迫りくるものがある。
    これを目にすると一日の疲れが吹き飛ぶ。
    「あ~今日も小田原に来てよかった!」と。
      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 16:38Comments(2)小田原の風景と花々

    2011年12月25日

    耕作放棄一歩手前のみかん畑で みかんもぎ



    曲がりくねった急な坂道を軽トラで上っていく。下曽我駅から徒歩だと30~40分はかかろうか。
    この季節のみかん山は美しい。濃い緑の葉に、オレンジ色、いや、本来のみかん色の果実が宝石を散りばめたようだ。
    ただただ感動する。
    しかし、この地域にも農業を続けられなくなり荒れていく田畑が散見する。
    ここ、Tさんのみかん畑もご主人が亡くなってから、勤め人の息子さんと奥様が手入れをしてみかん農家として継続してきた。
    だが、この先NPOに管理してもらえないかと打診があり、鳥居さんに連れられ畑に来てみた。
    柑橘がすずなり。早生、晩柑、ゴールデンオレンジに青島、レモンもある。ありとあらゆる種類の柑橘の木が植えられている。面積も広い。私たちの手に負えるのか?放置すればどうなるのか?目に見えている。

    数年で笹竹で覆われてしまった近隣の圃場を目にした。
    軽トラが狭い山道で脱輪しやしないかと心配になる、運転技術も問われるこの畑は誰でも彼でも管理できるわけではない。鳥居さんの運転に脱帽。




    みかんをもいだ。食べてまた感動!甘味と酸味みが絶妙。余談だが、この10年で小田原のみかんは甘みを増した。以前は酸っぱさが勝って、評価も良くなかった。だが最近は美味しい。これも温暖化のなせる事、適地適作の北限が北上する中で、みかんも例外ではない。そのうち東北がおいしいみかん産地に、あながち冗談ではない。

    更に上に上ると、海が見える!
    「わ~っ!!」と事務局猪股さんと感嘆の声を上げる。こちらは鳥居さんのみかん畑と梅畑。
    10年以上鳥居さんと付き合っているが、こんな秘密の場所を隠していたなんて人が悪いと、冗談を言い合う。ここにログハウスを作るといいね。とまた夢が広がる圃場視察でした。

      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 16:04Comments(0)農業

    2011年12月25日

    加工食品試作あれこれ~ゆず、さつまいも編 



    耕作放棄寸前の山奥のゆず畑から収穫した「無農薬ゆず」
    はたけの学校で栽培した「無農薬さつまいも」
    どちらも姿形はてんでんばらばら、
    きれいなものもあり、見栄えの良くないものもある。
    ゆずは詰め放題300円で投売りもした。
    さつまいもは、取引のあるレストランから、大きすぎて包丁を入れないと中身がわからないし、中には腐っているものあり、鬆(す)が入ったものもあり、しかも無骨。
    故に断られました。
    しかし、味はいいんですよ~face16
    もったいな~い!

    というわけで、加工品をつくることになりました。
    何とか商品化し販売して、無駄をなくそう。
    そこで、ブランドプロジェクトメンバーにNPO有志が加わわり試作に挑みました。
    アイデアマン・実践派の石橋さん、援農・料理自慢の成田さん、
    どちらもご夫婦で参加いただきました。


    ゆず味噌、ゆず胡椒、ゆず大根、ゆず豆腐、ゆずピール、
    ゆずとクリームチーズのパイ、ゆずきんとん
    成田さんが、ゆずピール入りのお手製パネトーネ種パンを差し入れて下さり、ういちゃんはパイ作りで余った卵白でメレンゲ菓子を焼いてくれて、
    更に豪華!

    試食タイムは幸せ気分face05
    さて、商品化となると難しい。
    まず加工所をどうするか、次に安定的原料調達、販売ルート開拓、包装、デザイン、表示、PR、などなど・・・
    よし!
    ブランドプロジェクトで知恵を出しあい考えよう!  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 15:02Comments(0)PB商品をつくる

    2011年12月25日

    ブランドってなあに? 第2回ブランドプロジェクト




    プロジェクトメンバーの江村さん(たんぼの学校参加者)に、
    ブランドをテーマにしたミニ講演をお願いしました。
    演題は「ブランドを作ろう」
    1,ブランドって、何?
    2,ブランドを作ろう
    3,ブランドを守ろう


    小田原には地域資源がいっぱい。農産物もその一つ。
    地域の農業を応援し、活性化しようというNPOのめざすところを実現させるために、こだわりの生産物をきちんと消費者に届けること、良い物を適正な価格で販売すること。
    小さな顔の見える範囲でのマーケットで、生産と消費をつなげる。
    生産された物を無駄なく届ける、そのために加工品を作る。
    消費者も参加して、作る側の立場を経験し理解する。
    身をもって価値を知り新たな価値を生み出す。
    これが、ブランドを作る私たちの目的です。

    地域農業での経済や経営とは何か、難しい言葉で語れなくても
    「農の学校」に集まる普通の人々が集まって考える。
    ワクワク感を共有する。

    NPOで、みんなで商品作りをします!
    農家と一緒に価値ある物作りをします!
    そのために・・・
    価値を伝えるブランドを作ろう!

    プロジェクトにはそんな気持ちが込められています。
    メンバーは、農家、都会暮らしの農の学校参加者、食やマーケティングに関心ある地元高校生、生協役員、NPO職員など9名。
    その中のひとり、江村さんは、大手企業で特許申請部署でお仕事されており、今回プロジェクトメンバーに加わって頂いた。
    ご家族でたんぼに通って5年。家庭と仕事を両立されている1男1女のお母さん。
    ワークライフバランスの達人!(と私は思ってます)  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 14:00Comments(0)PB商品をつくる

    2011年12月12日

    「地域と私・始めの一歩塾」最終回



    三鷹ってすごい!
    文化都市です。
    何故って、こんなに充実した講座をシニア市民が実践しているから。
    駅から徒歩10分ほどで会場の三鷹産業プラザまで商店街を見ながらきょろきょろと飽きることなく歩けます。往復3時間かけ三鷹CB研究会堀池喜一郎さん主催「地域と私・始めの一歩塾」に参加し、何事にもコツと作法があるものだと基礎から教えていただくことが新鮮でした。

    学ぶ仲間も7人、地域にさまざま発信していきたいという方々。
    どなたも個性と主張があり、講師陣もさりげなくフレンドリーで、こういう方々がこの地域を創り魅力ある町づくりに一役かっているのでしょう。
    コミュニケーションを深めるコツは、時間の長さより、回数を重ねること、と聞きましたが、共通の目的と、それがつながりを求め自己を表現したい意思を持つことで、更に関係性が深まるのだと実感しました。
    たったの三回の講座でしたが、旧知の友のような親しみを感じます。

    さて、更に感動的だったのは、打ち上げです。
    堀池さんごひいきのネパール料理店「インドラ」INDRA。従業員はみなネパール人。オーナーの弟ロメスさんのお国の話を聞きながら舌鼓。









    パパリ、モモ(ギョウザ)、サンドリ、カワ、ガリキカ、ピッカ・・・・
    私にはそう聞こえましたがわかりませんface06
    どなたかご存じの方教えて。最後の締めは6種類のカレー、もう食べきれなくて4種類にしましたが、一押しは「マトンのカレー」香辛料が複雑に効き臭みもなくびっくりするほど柔らかい~face16
    山茶花グループは、結束も固く、マツテルさんを幹事に再会を約束し、散会しました。
    マツテルさんよろしくお願いします。
    皆様ありがとうございました。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:41Comments(3)学ぶ

    2011年12月11日

    事務局 I さんの結婚を祝う会







    I さんとの出会いは運命的といえる。
    前任者のオメデタで事務局不在となり、
    当時の事務局長からは後任者人選の矢の催促。

    そんな折、日本食育学会設立総会シンポジウム後の懇親会で彼女に出会った。
    珍しい個人参加だ。
    出席者は、食の世界の重鎮や、生産・メーカー・流通関係者ばかり。
    私はパルシステム神奈川ゆめコープの理事長として
    学会の常任理事を拝命し出席していた。

    サンドイッチを取ろうとたまたま私の移動してきた彼女。
    話が弾んだ。気軽に事務局募集中の話をした。

    2006年12月2日小田原下曽我のみかん畑、ここからの絶景と
    食と農にかける夢をぶちまけて、ラブコール。
    縁がつながり、I さんは小田原に転居してきた。

    あれから5年。
    いろいろあったけど I さんの人を引きつける力で
    我がNPOは地域での存在感が増した。
    18名での祝う会、口々にお祝いを述べ讃える。
     I さんの人柄がうかがえる。




    理事鳥居さん高橋克巳さんの余興(ロボット?操り人形?)、会場との掛け合いが絶妙。
    事務局倫子さんのバイオリン演奏で盛り上がる。
    寄せ書き(倫子さんの力作)、花束、記念品。
    手作りの温かい会だった。

    お連れ合いとなるOさんはスポーツマンで声が魅力の頼もしい方。
    お二人の新居は都内。
    みんなで代わる代わるOさんに
    「是非、田んぼにきてね~♪」と誘う。
    また仲間が増えた。
      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 14:20Comments(2)NPO小田原食とみどり

    2011年12月10日

    日本の食文化を支える「糀菌」




    食材の寺子屋12月1日のテーマは「糀菌」
    日本の食の原点は発酵文化と言っても過言ではない。
    味噌 醤油 納豆 梅干し 漬物・・・
    ちょっと癖になるくさやに、沖縄の豆腐よう
    旨みぎっしりの鰹節 などなど、枚挙にいとまがない。


    井上糀店」5代目店主 浜田千重(はまだちえ)さんが、鉢巻と店の帆前掛け姿で勇ましく、実演と講釈をして下さった。

    巷で流行りの塩糀、甘酒、味噌作りの実演と、2時間あまりで中身のぎっしり詰まった講座に参加する機会を得た。












    まずは糀から
    精米と玄米の出来立て米糀、3~4日で糀菌の花が咲く。ふわふわ~と綿のようで、繊細な香りを放ち、木枠いっぱいの糀。
    食べてみる。玄米は柔らかで噛むと甘い、精米は香りが良い。(左:玄米、右:白米)


    調理実演は、はじめに塩糀、手早い。
    職人仕事、見事だ。試食には塩糀を使ったトマトサラダ、ほうれん草ソテー、ゆで卵、甘酒、手作りこんにゃくの味噌おでん。
    写真を撮ったり、口に入れたり、面白くて美味しい講座。(左は出来立ての塩糀)




    【塩糀の作り方】
    糀 500㌘
    塩 100㌘
    水 500CC  (天然水が良い、500のペットボトル入り)

    混ぜて、1週間で塩糀ができるが、出来立ては塩角が立っている。
    徐々にまろやかになり、1年経つと熟成して味噌になる。











    味噌作りは、若い男性 いかりてつやさんが担当された。
    鮮やかにあっという間に味噌を仕込んだ。
    若い職人さんがこういう世界に入ってくるのは実に頼もしい。



    浜田さんはいう。
    「大手の東京味噌は、仕込んで1ヶ月で出荷する即成味噌だ。
    うちは素材を吟味し良い材料を使うから美味しい!」
    誇りをもっておられ、全身から精気がみなぎっている。張りのある声と大きな鋭い目。
    今や引っ張りだこで食材を持ち込み、出前講座を行なっている。
    参加者へのおみやげとして、最高級味噌「海風」(とよまさりつるのこと天然塩海の精使用)サンプルを下
    さった。

    糀は生きている。塩糀は店頭の蛍光灯下に置くと当たった部分が黒ずんでくるそうだ。中は白いままだということで、研究者に調べて欲しいと浜田さん。

      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 14:45Comments(0)食 ・食文化

    2011年12月04日

    無農薬ゆず 「ゆず茶」に変身

     



    face01勤労感謝の日に収穫した「丘の上のゆず」がめでたく「ゆず茶」に変身しました。
    我が家で放置されること12日。無農薬、粗放栽培で野性味が強いせいかわりと活きがいい。
    レシピは、韓国のオモニ流、ビタミンCを壊さいよう極力熱を加えず仕上げるものです。
    【材料】
    ゆず     10個
    砂糖(三温糖)700グラム
    蜂蜜     大さじ2


    【作り方】
    ①よく洗い、横2つにカット
    ②果汁を絞り、袋を除去、
    ③果汁から種を別に取る(茶葉用紙製パックに)
    ④皮の内側の綿をスプーンで除去
    ⑤皮を千切りにする
    ⑥鍋に湯を沸かし、刻んだ皮を10分ほど漬ける(火は止めておく)
    ⑦⑥の作業を再度行う(2度行い、苦味を取る)
    ⑧果汁・皮・砂糖(今回は三温糖使用、好みで蜂蜜を加える)を一緒にして、揉み込む
    ⑨煮沸したびんに詰める

    これを冷蔵庫で半月ほどねかせます。
    三温糖・はちみつを入れたので、あめ色に仕上がりました。
    これでこの冬は風邪から身を守れます~face02
    皆様もお試しあれ。
    石橋のゆず畑には、黄金の実がたわわに生ってます。
    耕作放棄地寸前、収穫する人出がないのです。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 22:46Comments(2)食 ・食文化