たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2012年06月09日

たんぼの学校~今、早期除草の実践!



こちらは「はる水たんぼ」の看板、シリーズで作成したうちの一つ。はる水とは冬季湛水(ふゆ水田んぼ)の簡略版。
この地域では水が集中管理されており、好きな時に自由に水を入れることは不可能なので、水解禁となったらすぐに水を張り、生きものの力で田んぼをいち早く活性化させるのです。

田んぼを始めて以来、雑草に悩ませれ、収穫量は極端に少ない。専業農家から見たらお遊びの域を出ない。何といってもヒエコナギが繁茂する。とってもとっても生えてくる、イタチごっこです。
私たちは、化学合成の農薬や肥料を使わず稲作に取り組んできました。それは私たちの理念、めざすものを実現するためです。
そこで、有機農業を実践している「あしがら有機の里づくり協議会」事務局長のあづまさんをお呼びして学習会を開催したのが昨年のこと。
決め手は、早期除草。



田植え後3~7日目にコナギが発生する。


その時にタイミングよく地面をかき回すことで、コナギが抜けて水面に浮く


そうしたら、水をたっぷり張って、流してしまう。去年は理論は分かっていたがけど、手間がかけられなかった。今年はゆとりをもって平日メンバーに呼びかけ、5日目に実践した。
5人でたっぷり4時間かけて、1.5畝ほどの除草をした。針のようなコナギの芽、レーキで土をかき混ぜると、浮いてくる。
それを水に流す。どれほどの効果があるか、楽しみです。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 22:57Comments(0)たんぼの学校

    2012年06月09日

    農の学校の看板~「はたけの学校」では、今



    はたけの学校は2002年に「みんなの畑」としてスタートした。
    NPOの圃場と一目でわかる看板があるといい!
    ということで、この看板を設置したのが2005年頃のこと。当時話題だった「TVチャンピョン」の予選まで勝ち抜いたという凄腕の看板屋さんに注文して作って貰ったものだ。ちょっと高かったけど、10年持つと言われ、決意して購入した。うろ覚えだが、1本7万円だったか?予算上4箇所だけに設置した。はたけの他「はる水たんぼ」「案山子たんぼ」「ハーブのはたけ」。そろそろペンキの塗り替えが必要だ。

    さて、はたけの学校は、今年からインストラクターが代わり、はなまる農園さんにお願いしている。多品種を農薬に頼らず栽培する若手農業者でおっしゃることに説得力がある。こちらはつるむらさきの苗、珍しい野菜も栽培。





    きゅうりの収穫が始まり、これからは畑に来るたび何らかの収穫が楽しめる。


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 10:27Comments(2)