たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2012年09月21日

稲刈り近し~頭を垂れた黒米




黒米(アサムラサキ)が実った。今年は実の入りが良い。
無農薬・無化学肥料が自慢で、更には雑草が少ない、例年に無くヒエもチラホラ程度で、10年やってきた中で一番出来が良い。コツは、早期除草。
田植え4日目からメンバーに呼びかけて、たんぼをかき混ぜ、発芽しかかったヒエの種を浮かせて水で流した。その後欠かさず毎週末田の草取りに励んだ。


こちらはうるち米(キヌヒカリ)同じく無農薬・無化学肥料。
買ってくださる方も増えてきた。口コミやプレゼントされて気に入った、という方もいらっしゃる。
こういうかたは価格のことはあまり言わずに、「人からもらったら美味しいから買いたい」と突然事務局に電話がかかってくる。
こんなことはめったにないが、小躍りするほど嬉しい。

小田原の田植えは6月、稲刈りは9月下旬から10月半ばくらいまでだが、今年は、早、稲刈が始まった。
9月17日のこと、たんぼの学校校長先生を来年引き受けて下さる予定のいそざきさんの田んぼだ。
脱穀し、立てかけた藁が青々としている。
倒伏しかかった稲、転ばぬ先の杖、強風に備え早めの判断で、コンバインが刈り取る。




ハーブの学校の畑に立ち寄ると


綿花がほころんでいた。
純白の綿花。花材としてハーブ倶楽部が育てている。


ブルーの花が気持ちを癒してくれる。花の名前は・・・  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 23:34Comments(0)たんぼの学校

    2012年09月18日

    数珠玉の花 と ハナニラ~自然満喫



    野山を駆け回る少女時代、よく数珠玉で遊んだものだ。長野で生まれ、小3からは神奈川県内の田園地帯で育った。水田が広がり、遊ぶ野原には不自由しない幸せな子供時代を送った。そこでよく遊んだのが、レンゲ・クローバー、数珠玉だ。
    懐かしくも、このように花をじっくり眺めるのは久しぶりのような。小田原の地に通う楽しみの一つ。

    こちらは、ハナニラ
    清楚でありながら、ビシッとした強さを感じる。



    さて、4年前に、有機農業推進法ができ、環境保全型農業の推進が叫ばれ、生物多様性への効果指針研究のため、農林水産省委託プロジェクトで開発が進められてきた。
    生物多様性戦略を具体的に評価する手法・指標だ。
    当NPOが毎年定点で行なっている生き物観察は有効な評価手法であるのではないかと推察する。
    都市近郊で、まだまだ多くの自然が残されているのは、日中は一時間に1本しか走らない御殿場線に由来しているのではないかと最近考える。のんびりと流れる時間を愛おしく思う(ようにしている)。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:17Comments(0)小田原の風景と花々

    2012年09月17日

    映画「放射能を浴びたX年後」



    1954年にアメリカがビキニ環礁で水爆実験を行ったことは多くの人が知っている。その時何が起こったか、第5福竜丸のことは今でもひっそりと語り継がれている。
    しかし何も知らされず、マーシャル諸島でマグロをとり続けた漁船が沢山いた。放射能値が高く廃棄された遠洋漁業船のマグロは100隻におよぶそうだ。乗組員がその後どんな運命をたどったか。



    元高校教師山下さんが、半生かけて追い続ける。
    最近やっとこの問題に、関心をもつ人が増えたそうだ。今の時代背景から。
    今を生きる日本人がしっかりと知り、伝え、福島のx年後のためにも、この瞬間しなければならないことは何なのか。私達一人ひとりが考え行動すること。ひしひしと伝わってくる。是非沢山の方に見て頂きたい映画。
    ポレポレ東中野で上映された。小さな劇場に、50~60人ほどの観客。
    昨日が初日、伊藤監督と、大西プロデューサーの挨拶があり、質疑応答が行われた。お母様にすすめられて来たという若い女性の飾らない発言が良かった。
      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:26Comments(0)平和

    2012年09月16日

    魚が変身~イカの塩辛&鰈の唐揚げ



    立派なカレイは唐揚げとなりました。ヒレまでカリカリにして、野菜たっぷりのあんかけと一緒に。
    (イカの塩辛)


    さて、塩辛が食べごろです。
    一見、うどんのような代物ですが、塩が控えめで美味しい。自画自賛(^O^)
    塩加減は6%が良いとのこと。調理の過程で塩が流れてグッと減塩。しかし塩辛に関しては塩が効いてるから美味しい!という向きもあろうかと思いますが、手作りなのでお好み塩加減、いい塩梅です。

    1,足とはらわたを引き抜き



    (解体)



    2,肝臓をきれいに取りし、塩をまぶす



    3,塩・酒・水の調味液に身を浸す(1時間)



    4,陰干し~この気温、外では腐りそうなので冷蔵庫の野菜室に、なべに竹串で刺した「いか」を引っ掛けて干すこと2時間




    5,お好みの長さ・太さに切って、肝臓の中身を取り出し、いかと混ぜる。


      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 21:48Comments(0)食 ・食文化

    2012年09月13日

    茨城県那珂湊(なかみなと)お魚市場~お買い物で応援!




    茨城県は北海道に続く農業生産高第2位の農業県でありながら、漁獲量も第5位と、こちらも大健闘。
    しかし、原発事故以来放射能問題で、大きな打撃を受けてきた。
    漁が解禁になった今も平日とはいえ観光地「お魚市場」は人が多いとはいえない。訪れた時間帯のせいもあるとは思うが・・・
    鮮度の良い魚が、所狭しと並べられている。とにかく新鮮!安い!



    千葉産、北海道産など地場ものだけではなく、品ぞろえ豊富。
    天然ぶり6切れ¥400、鯛3匹¥500、鰈5匹¥400、茹でタコ¥600円、刺身用スルメイカ1杯¥200・・・
    お買い物で応援、という大義名分のもと買いすぎた。
    氷たっぷりの発泡スチロールに入れ、夕方の山手線に乗り、持ち帰る。
    開けてビックリ!友達の箱と取り違え、中身が違う??!!
    鯛、鯛がない、タコがない(´・ω・`)。ま、いいか、また行こう。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:19Comments(0)震災復興

    2012年09月10日

    「松下幸之助から・・・」足柄観光ガイドの会 講演会




    「松下幸之助から学びて、今思う日本の行末」
    この演題、少し古い感じがしてあまり期待感もなく、知人からお誘いを受け参加した。
    講師は、神奈川大学名誉教授の松岡紀雄氏。
    経営の神様といわれた幸之助氏から薫陶を受け、その教えの中から、氏の経営哲学を現在も尚活き活きと伝えられる無二の存在である。
    パナソニックでは今も、幸之助氏が語った講演録は大小問わず全て録音し、テーマごとに分けて保存してあるそうだ。
    講師が幸之助氏から学んだことをひとつ上げるとすると、「自分の寿命を超えて、日本と世界の行く末を考える」ということだそうだ。母校松山北高校100周年記念講演で「21世紀を生きる勇気と知恵」の中で「現在の私が考えるのは、学生たちや孫が生きていく50年、100年先のこと」と語ったそうだ。
    これぞ、リーダーに求められること、なすべきこと。

    政局に終始し、政策を蔑ろにしている今の政治家も見習って頂きたい。
    そういえば現総理は「松下政経塾」で学ばれたはずだが・・・・
    幸之助氏が塾を開いたのが84才、初期の塾生には直接講義することのあったろうが、総理の世代はそのようなことはなかったようだ。

    さて、講師の松岡先生だが、その語り口は大変魅力的な方だった。2時間しゃべり続けたが、聴衆を飽きさせずること無く、その引き出しの多さに驚く。年を重ねるということが素晴らしいと感じさせてくださる数少ない先輩だ。2011年2月神奈川大学での最終講義「松下幸之助から学びて今思う日本の行く末」はネットで公開されている。最終公演はホール満杯に人で埋め尽くされたそうだ。

    講演会の参加者の多くは団塊の世代、それも8~9割を男性が占めた。中規模の会議室に50名ほどが集まりアットホームな雰囲気の講演会だった。
    嘗ては企業で活躍された方々、次々と当を得た質問が出される。

    先生は企業市民論を早くから提唱し根付かせようと活動されてきた。。NPO活動や市民活動を様々な側面から応援されている。危機的な日本を救うのはひとりひとりの市民の意識と行動だと先生のお話しから強く感じた。

    主催者は、AKG28。AKB48をもじったこの団体名、感性が若々しい。
    先生の造語「高貴高齢者」を実践している。
      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 10:07Comments(2)地域活性化