たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2013年02月25日

曽我梅林~益々満開、 販売コーナーも好調 

梅祭り絶好調、梅の里は様々な品種の梅35000本が時間差で咲き誇ります。


見上げると青空から純白の花がふわりふわりと降ってきそうな満開の十郎梅の花


向こうに見えるは雪を頂いた富士山、手前がNPOの事務局畑です。


ここの梅林が他の観光梅林と違うのは、梅の一大産地であることです。6月には梅の実を出荷します。大切な農産物。
特産の十郎が今まさに満開。生産者の協力で畑が開放されています。マウンテン・バイクで梅林を駆け抜けるのは爽快。



昨年10月にオープンした梅の里販売コーナー、やっぱり本場の梅干しが売れ筋です。



小田原市内のかもめの家の人たちがプロの洋菓子職人さんと一緒に作るクッキーは格別、当NPOとコラボして梅の里クッキーとして販売しています。地域の頑張る人たちを応援しています。



一年でもこんなに車内が混雑するのはこの時期だけでしょうか。この時間ならいつもは座っていけるのですが、国府津から下曽我まで立ちました。車内は元気な中高年が中心。携帯などいじる人はなくみな楽しそうにおしゃべりに興じています。


ホームも賑やかです。


地域が元気になる梅祭りです。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 23:34Comments(0)地域活性化

    2013年02月24日

    曽我梅林~満開  梅干しも美味しい!

    下曽我の梅の里は今満開です。ここは梅の産地ですから6月には農家さんが梅の実を収穫して出荷します。プロの農家がお花見会場を提供してくれるのです。


    マウンテン・バイクで梅林を駆け抜けると、それはそれは清々しく爽快です。但しこの季節ですから、花粉症にはご注意を。




    下曽我駅を降りると駅前に梅の里センターがあります。私たちは昨年10月から会館のロビーの片隅に販売コーナーを設けました。小さなスペースですが、こだわりを持って商品を選定しています。自然の味を大切に。
    不必要な化学合成添加物は使用していません。
    おすすめはなんといっても地元産の「梅干し」。
    中でも特産の十郎梅は皮が柔らかく、破れにくく、香リがよいです。
    しそ漬けや小梅漬け、ねり梅と品揃えは豊富で、好評です。
    それから、私たちのたんぼ学校の無農薬で栽培した黒米・・・などなど
      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:30Comments(0)地域活性化

    2013年02月16日

    パルシステム梅干し品評会本選~梅の里にて




    ひと月前の一次選考を通過した25組の中から17組の方々が遠くは
    栃木から参加した。
    この品評会の特徴は、梅干しの出来だけでなく、背景にあるエピソードが
    選考基準に加味される。


    「たかが梅干、されど梅干」
    沢山のドラマが披露され、台所で継承される伝統的保存食梅干しが
    今日は主役。
    今年で7回目を迎えた。よく続いたものだと感慨深い。毎年審査は難航する。
    しかも年々レベルが上がり最終に残った十数点は甲乙つけがたい。
    朝から梅干しを食べ続け体が塩漬けだ。最後は思い切りが大切とばかりに、
    大賞、赤梅干し・白梅干し各優秀賞、特別賞と決定していく。

    受賞者最年少は小6男子、昨年他の
    人のを食べ比べ、
    17%が最も美味しかったと、
    自ら挑戦。



    最年長は83才男性、始めての出品で見事受賞。

    大賞・赤・白優秀賞は子育て中のママたちだった。









    エピソードのキーワードは「母の味、母への思い」と「子のために」





    配送センターで取り組んだ職員(ロジカル)の梅干しも素晴らしかった!



    7年目の今年も審査副委員長を務め、沢山の感動を頂いた。





      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 18:23Comments(0)食 ・食文化

    2013年02月16日

    曽我梅林~流鏑馬(2/11)



    梅祭り真っ盛りの曽我梅林。梅干し品評会本選の日、流鏑馬が行われ、参加者と見物した。会場は競馬場さながらの混雑ぶりで、さっそうと弓を射リ駆け抜ける射手の勇姿はカメラに収めきれなかった。半数が女性の射手だそうだ。



    流鏑馬は、「天下泰平、五穀豊穣」を祈願する神事として伝承されてきた。曽我の里で行われるのは武田流。「寄せの太鼓」を合図に射手所役一同が親善に勢揃いして始まる。残念ながら梅干し品評会のスケジュールにより寄せの太鼓には間に合わなかった。


    馬場には3つの的があり射手は全速力で走らせながら、腰の鏑矢(かぶらや)を抜き弓につがえて「一の的」から射てかけぬける。女性の射手が一から三の的まで全的中したとのアナウンスに、カッコイイ~!!!




      


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 17:29Comments(0)イベント

    2013年02月08日

    梅の里販売コーナー~その後



    梅祭りがはじまった。梅の里というからには、梅製品に力を入れねば、とばかり品揃えを増やした。立ち寄って下さった方にはぼちぼち利用していただいている。


    添加物を使わず、自然の原料だけで梅本来の美味しさを引き出すよう、シンプルに作り上げたものだけを扱っている。中には雲上という十郎梅プレミア極上梅干しもある。5粒1500円、以前この会館で私たちが企画した小泉武夫氏講演会で、先生がおっしゃった。「これは安すぎますよ」(*_*)


    すぐ横のスペースには、小田原市主催の梅干し品評会の入選作品展示されている。力作ぞろいで見た目はどれも立派。小学校が2校入賞、地域産業を理解する食育が実践されている。


    曽我山石川農園の超希少柑橘「チャンドラポメロ」や「キウイ」も並んだ。もちろん農薬や化学肥料は使用していない果物。
    みなさ~ん、下曽我に来たら是非お立ち寄り下さいね~♪  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 01:20Comments(0)地域活性化

    2013年02月07日

    曽我梅林~今日の梅林




    雪の予報が雨ですみ、今日の下曽我はシトシト冷たい雨が梅林に降り注いだ。梅の花も蕾をぎゅっと縮こませてここ数日開花が進まない。雨つゆが光る。
    今日の一枚



    青空に映える梅の花もいいが、曇り空に枝を張る梅の姿もいい。



    2月2日から始まった梅祭り、沢山の人が訪れて下曽我の地域と歴史を知って、楽しんでくれるといい。  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:10Comments(0)地域活性化