たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


2015年01月19日

ハイキング♪&みかんの収穫体験~♫

〈消費者の学びの場、農家の手助け、耕作放棄地解消の社会的活動、と「三方良し」のみかん収穫体験でした。〉


真っ白な雪を頂いた富士山がくっきりと。お天気に恵まれてのハイキングを兼ねたみかんの収穫体験。

下曽我駅前の「梅の里センター」から梅林を抜け、山道を登りみかん山へ




ここはハイキングコースにもなっており、相模湾・箱根連山・富士山、そして眼下に曽我の梅林がパノラマ状に広がる眺望が楽しめるところです。
思った以上の急坂をものともせず、3歳から77歳までの老若男女が入り混ざり、咲き始めた梅の花を眺めながらみかん山を目指しました。



この時期のみかん刈りでは人が集まらないのでは、との心配をよそに30名以上の方が応募して下さいました。
みかん畑は昨年まで70代の御夫婦が耕作していたそうですが、体力的に厳しくなり、川久保さんが引き受けて小山田さんとともに市民を巻き込んだ「みかん再生プロジェクト」を実施している圃場の一角です。



想像以上の急斜面に皆一様に驚きの声!!






山を縫って上まで続くみかんコンテナ運搬用のモノレールにつかまりながらよじ登って目的地へ。「こういうところから耕作放棄されていくんです」との説明に頷きながら、皆熱心に収穫。鈴なりのみかんは時期的には少し遅いようですが、あまくて美味しい!



みかんを収穫しながら、曽我のみかん山の現実にそれぞれが思うところがあったようです。




鳥が食べないよう網をかぶせてくれていましたが、賢いヒヨドリ・ツグミ(?)は中に侵入、食べ散らかした様子がありあり。


木のぼりしてもぐ男の子とお母さん、下にもぐって丁寧にもぐ女の子、思い思いに食べながらハサミを入れます。
みかんはむしらないで、ハサミで二度切りするんだよ、と教えられた通りに上手に収穫。
見晴台で景色を楽しみながらお弁当。



川久保さんと小山田さんにお礼を言ってから、下山。



帰りの楽しみはアイス工房のジェラート。



梅の里でお土産のみかんをもらって、解散。
曽我をまるごと楽しむ企画だったと参加した方からの感想。

みなさまお疲れ様でした。
  


  • Posted by たんぽぽの綿毛  at 00:49Comments(0)食農教育