たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  その他 その他


2011年12月04日

無農薬ゆず 「ゆず茶」に変身

 



face01勤労感謝の日に収穫した「丘の上のゆず」がめでたく「ゆず茶」に変身しました。
我が家で放置されること12日。無農薬、粗放栽培で野性味が強いせいかわりと活きがいい。
レシピは、韓国のオモニ流、ビタミンCを壊さいよう極力熱を加えず仕上げるものです。
【材料】
ゆず     10個
砂糖(三温糖)700グラム
蜂蜜     大さじ2


【作り方】
①よく洗い、横2つにカット
②果汁を絞り、袋を除去、
③果汁から種を別に取る(茶葉用紙製パックに)
④皮の内側の綿をスプーンで除去
⑤皮を千切りにする
⑥鍋に湯を沸かし、刻んだ皮を10分ほど漬ける(火は止めておく)
⑦⑥の作業を再度行う(2度行い、苦味を取る)
⑧果汁・皮・砂糖(今回は三温糖使用、好みで蜂蜜を加える)を一緒にして、揉み込む
⑨煮沸したびんに詰める

これを冷蔵庫で半月ほどねかせます。
三温糖・はちみつを入れたので、あめ色に仕上がりました。
これでこの冬は風邪から身を守れます~face02
皆様もお試しあれ。
石橋のゆず畑には、黄金の実がたわわに生ってます。
耕作放棄地寸前、収穫する人出がないのです。



  • 同じカテゴリー(食 ・食文化)の記事画像
    「生協パルシステム梅もぎ&梅干袋漬け体験」6/25
    ブルーベリー摘み&ババロア&昼食作り
    山野草摘み~里山ハーブ 採って・作って・食べて
    手作り梅干し品評会2/23~家庭の味で受け継がれる食文化
    天然酵母の酒まんじゅう作り~8/25梅の里センター
    地元小学校で食農教育のお手伝い~玉ねぎ収穫
    同じカテゴリー(食 ・食文化)の記事
     「生協パルシステム梅もぎ&梅干袋漬け体験」6/25 (2016-06-30 21:49)
     ブルーベリー摘み&ババロア&昼食作り (2015-08-17 12:10)
     山野草摘み~里山ハーブ 採って・作って・食べて (2014-03-30 17:20)
     手作り梅干し品評会2/23~家庭の味で受け継がれる食文化 (2014-02-24 14:18)
     天然酵母の酒まんじゅう作り~8/25梅の里センター (2013-08-26 00:15)
     地元小学校で食農教育のお手伝い~玉ねぎ収穫 (2013-05-22 15:55)

    Posted by たんぽぽの綿毛  at 22:46 │Comments(2)食 ・食文化

    この記事へのコメント
    私の作ったゆず茶は、クリスタル氷砂糖を使ったので色がもっときれいです!ゆずの種の化粧水は、梅干しを作った時に残っていたホワイトリカーのビンに入れておきました。濃厚な化粧水が出来上がりました。グリセリンや水で薄めて使います。乾燥してかゆいところや水仕事でかさついた手につけると、つる~っとします。ゆずの威力すごいですね。
    Posted by shimosogaアン at 2011年12月15日 13:07
    最近おサボりしていてコメント気づきませんでした。(^^;)
    健康志向で三温糖を使うか、色と味を重視するか迷い、買い置きしていた三温糖を使いました。
    化粧水はアレルギー体質の私でも大丈夫か、ちょっときになりますが、今度試してみます。
    Posted by たんぽぽの綿毛たんぽぽの綿毛 at 2011年12月22日 01:06
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    無農薬ゆず 「ゆず茶」に変身
      コメント(2)